節税TOP
節税見出し
クリップアート1
広告宣伝費で計上可能

ホームページ制作は一般的に企業PR、商品PRなど広告のために作成されると考えられています。

ホームページ制作、ホームページリニューアルは広告宣伝費として計上できます。

ホームページの制作は直接売上アップにも繋がる可能性があり節税対策として有効です。

クリップアート1
経費ホームページ製作費

ホームページ制作費は店舗、飲食業、製造業、サービス業などなど業種をほとんど問わず、世間一般でもよくある経費の一つです。

クリップアート1
広告、宣伝費節約

ホームページで新しい案内や変更をお知らせする事によりターゲットの知りたい情報を掲載してチラシ配布などの代わりにホームページで宣伝や告知する。

従来のチラシ配布などの広告費用を削減してホームページで集客、広告の告知に力を入れる企業が増えています。

クリップアート1
会社成長型節税

ホームページなどの広告宣伝費、会社の機材や備品購入、給与アップ等は会社成長型の節税に分類されホームページ作成はBESTな成長型の節税といえます。


売上につながる「会社成長型節税」を取り入れてはいかがでしょうか。

 
Q&A

 

詳細と注意

広告宣伝費とする条件は1年以内に更新を実施すること!

ホームページの使用期間が1年以上になる場合は1年以内に更新をしなければ広告宣伝費にはならないという点です。
ホームページ作成費を広告宣伝費として計上する際に注意してください。

制作費用の中にプログラムの作成費用(ソフトウェアの開発費用)が含まれるようなホームページについては、その制作費用のうちプログラムの作成費用に相当する金額は無形減価償却資産(ソフトウェア)として耐用年数「5年」を適用して償却することとなります。

『国税庁のホームページ制作費取り扱い』は年々更新や変更されあやふやな表現で判断しにくい書き方をしていたりする事がありますが、ホームページ制作費は世間一般でもよくある経費でもあり、当社としても重要な事なので今後も引き続きチェックしていきます。

クリップアート3
領収書の発行

 
PDFファイルかJPGファイル(画像ファイル)で領収書を発行致します。
送料や収入印紙が必要なため別途料金は発生しますが紙の領収書も発生致します。
 
 
 
豆知識
まめ知識
領収書の金額に関係なくPDFなどの電子データは収入印紙を貼る必要がなく納税時に電子データであれば正式なモノであると認められます。
区切り線
今現在の国が定めたホームページ制作費取り扱いは広告宣伝費として計上可能なので今のうちにホームページ作成を検討されてはいかがでしょうか。
 
ホームページ作成ってなんだか難しく維持や管理も大変そうと思われがちですが 当社がバックアップいたします。
 
ホームページ作成するためにお客様が用意するものとは。
ご用意していただくもの
TSSロゴ00
TOP | WEB制作 | 節税